珈琲屋コレクションナンバー
#005

手回し焙煎機


 骨董的価値はありません。珈琲屋を始めたとき、注文生産だった焙煎機が間に合わずそれが届くまでの間使ったのがこれです。
 排煙ができませんから、本当の利用価値もありません。深い焙煎なら誤魔化せますが、それは焙煎と言えるものではありませんでした。あの何日間かを苦い思い出として持っています。